ぞうきん、台ふきは使い捨てにしています


専用のものは持っていなくて、繰り返し使うこともありません。

これは、 やめたものではなくて、もともと持っていなかったもののひとつです。
シンプルでエレガントな暮らし以前から持っていなかったもの

エコ的な観点からいくと、「使い捨て=もったいない」というイメージがありますが、
お金、時間、資源、労力・・
何がもったいないのか?というのは人それぞれに違います。

ぞうきん、台ふきに関しては、再利用のための管理が面倒、気分が良くない・・
という理由で使い捨てにしています。

洗ってすすいで、干して・・なかなか白くならない、漂白・・バリバリ感、干した時に目に入ってくる景色・・。
汚れがひどいと&水気が多いと洗濯物にそのままポイってできないし。

ぞうきんってなんであんなに乾きにくい構造になっているんでしょう?
何重にも重ねてわざわざ縫い付けるって・・
元のタオル状の方が綺麗な面を沢山つかえて乾きも早いし便利な気がします。

スポンサーリンク

台ふき&雑巾を持たない暮らし

大昔はティッシュやふつうのキッチンペーパーを使っていましたが、
繊維が出て、すぐボロボロになっちゃうので・・数年前からは丈夫なものを使っています。

スーパーでも手軽に買えるのが嬉しい♪
最近bountyは柄入りのものが多いので、scottieの真っ白の方を買うことが多いです。
家に置くものは、白無地が好きです。
インテリアや日用品のホワイト化カテゴリーはこちらから♪


ミニマリストのドミニックローホーさんもキッチンペーパーはたくさん使うそうですよ♪
昔買ったこの本↑に、そんな話が載っていたと思います・・。
今は手元にありません。

本の断捨離
断捨離が加速したお片付け本 好きなものとスッキリ暮らす
詰め替え容器、詰め替えボトルは最小限

Bountyのキッチンペーパーは、コストコやネットでまとめ買いするとコスパが良いのですが、
我が家、コストコは全く会費の元が取れない&無駄なモノばかり増える為やめました

シンプルライフを心がけるようになって、日用品も家電も食品も、欲しいと思うモノも機会もぐっと減ったので。
キッチンペーパーは都度買いした方が省スペースで、管理も楽♪

こういうところで買ったもの(食品、家電、雑貨類)って殆どゴミになっちゃったんですよね・・。
会費を払って、大きなカート持って広い空間をウロウロしていると何か買わずに出られない心理になって、不必要なモノが増える原因でした。

食べ物の大量買いは健康的にも良くないし、ウロウロするだけで時間がかかってしまいますから。
お店に行くとワクワクして楽しいんですけどね~♪
現在の我が家のライフスタイルには合いませんでした。

ぞうきんは、不要になったタオルや天然繊維の古着などをウエスにしています。

ウエスはWaste(英語ウェイスト:無駄・くず・ぼろ・廃棄物)から、訛ってウエスと呼ばれるようになった。
一般に「ウエス」は機械器具類の清掃に用いられる布切れを指す。
もともと古着や古布を再利用(再使用)して雑巾がわりにするものである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%B9

ウエスはカットしないでストック

以前は手のひらサイズにカットしてストックしていましたが、
今はタオルも古着も、原形のままキッチンの引き出しにたたんで重ねてあって、ハサミとセットで置いています。
使うときに必要なサイズにカットします。
ほんの少しだけふき取りたい時も、Tシャツ1枚全部使って吸い取りたい汚れもあるし、ものによって吸収率も違うので。

拭き掃除はウエスで済ませて、ポイ♪
キッチンの水気や汚れは丈夫なキッチンペーパーで済ませてポイ♪です。
丈夫なキッチンペーパーはお料理でも大活躍。
台拭き、漉し布、油取り・・様々な用途に兼用できるものって場所を取らないので嬉しい。

キッチンペーパーホルダーは使っていません。
出しっぱなしも埃や見た目的に好きじゃないので、
棚の中にそのまま立てています。

すぐに気持ちが冷めたり、不要になってしまうものは無駄だなーと思いますが、
使っていて楽しい、幸せな気持ちになるもの、時間や手間が節約できるものはちゃんと買っていい気分で過ごしたい♪

自分に合ったものをセレクトして、スッキリ心地よく、シンプル&エレガントな暮らしができるといいな~♪