前回のblog記事、
好きなことを好きな時に、好きなペースで楽しむ幸せ♪
でもチラッとご紹介したアイテム、アーティフィシャルフラワーのデザイン画を描く時にお役立ちの
HINGE


こちらのショップで購入しました

white&blackのセットで購入し、
ひとつは子供にプレゼント。

子供はblackがいいということで、私はwhiteを使用中です。
blackの方がデザイナーっぽいイメージでカッコイイ気がします。
白い紙とのコントラストも綺麗。

先に選ばせた手前、「やっぱ変えて」とは言いにくい・・

背表紙に開いている穴にペンのクリップ部分を引っ掛けて、

A4サイズの用紙、ペン、台紙の3点セットがコンパクトに持ち歩けてとても便利。
思い立った時にサクッとスピーディーに書き込めるのが嬉しい♪

職場やセミナー、旅行中やプライベートなお出かけ時にも持ち歩き、ノートをとったり、お花のデザイン画を描いたり、お絵かきしたり、資料を挟んだり、とフル稼働しています。

スポンサーリンク

購入前には、少し似た商品で、コクヨのライティングホルダーとも比較検討しました。

大きめの文房具屋さんに売っているので、実物を手にすることが出来ると思います。
別名就活ファイル?
用途によってはこちらも使い勝手が良さそうです。
Hingeよりも台紙はしっかり。

ペンは、パイロットevoltの黒を使用。


カラーバリエーションも豊富ですね♪
Concertoは迷わず黒を選びました。
シャーペン&赤ペンにも切り替え可能。
スタンダードでカチッとしたデザインも好きです。
字を書くときも、絵を描くときも、サラサラ~っとした書き味がとても気に入っています♪

書き味といえば、定番のjetstreamもお気に入り。

100円前後~数千円のものまであって全体的にデザインが少しカジュアルですね。
こちらもサラサラした書き味で、字や絵を描くのが楽しくなります。

鉛筆や万年筆も良いけれど・・
手軽に持ち運べてメンテも楽、サラサラの書き味、ハッキリした線が描けるボールペン、実用性が高くて大好きです。

HINGEはスケッチブック感覚で、横書きで使用。

罫線なしの真っ白な紙を横書きに使っていると、イマジネーションがどんどん広がりそう^^
お絵描きやデザイン、スケッチのワクワク感って横向きの方が気分がアップしませんか♪
マインドマップ作りやお仕事のプランを練るのにも良いですね♪
モーニングページなんかにもおすすめです。・・また記事にします。

まずは設計図!お花のデザインは紙に描く!

お教室に通っていた時も、教室をしていた時も・・あまり詳しく描いている人はいなかったような・・
作るものが小さくて、シンプルな形のものばかり作るのなら描かずに作った方が早いですからね。
Concertoは割と小さめのものでも、紙に描いてから作ります。

花器の形やお花の盛り具合、複数飾った時の各アイテムのサイズバランスなど、制作の前に設計図を描いた方が、製作中に悩む時間が短縮できます。

↓こういう感じのものは、花器やリボン、タッセルの比率を合わせて、制作前に絵を描いて、リボンの大きさ、サイズやバランスを考えます。


こちらも器とお花の分量、高さの比率を考えてから制作。


こういうセット物も、使う器が決まっている場合は、お花の分量、配置の間隔、リースのサイズなどを描いてから決めています♪
飾った時のバランスも気になるので、場合によっては家具の絵も描きます。

もちろん絵と実物では感覚が異なり、色みや密度、使用するお花のサイズによっても仕上がりが微妙に違うので、最終的には作りながらバランスを整えてることになるのですが。
フラワーデザインを考えてお絵かきしたり、お花の色合わせをしている時間が大好きです♪

日用品や仕事のお道具はお気に入りを使う

毎日のようによく使うアイテムがお気に入りのものだと暮らしの中にワクワクな時間が増えますよね♪
欲しい機能と素敵なデザインを兼ね備えたお気に入りが見つかれば♪といつもアンテナを張っています。

お気に入りの物意外は、安易に家に入れたくない・・という気持ちでいると、中途半端な物がなくなり、整理整頓やお掃除も劇的に楽になります♪