断捨離を機に、シンプル&エレガントな暮らしを目指しているConcerto(コンチェルト)です♪

いつも唐突ですが・・

時間の使い方って難しいですよね!

04なかなか自分の思うようにコントロールできません。

「忙しい」って言いながら、大して忙しくない人もいるし、
忙しくないように見えて、忙しい人もたくさんいる!

どこまでが忙しくて、どこからが忙しくないのかって、人によって感じ方も全然違いますよね。

同じ境遇になった場合でも、「忙しい」という人と言わない人がいると思います。

「忙しい」って言葉に出ちゃう人は、多分ホントに、その人の中でいっぱいいっぱいなんだと思いますが・・。

 言っていいこと一つも無いと思います(笑)

「忙しい」って言われると、「自分に比べたら暇でいいよね」って言われているような気がしたり、
「出来る人」アピールされているように感じたりする人もいる訳です。
「自己管理のできない人」と捉えられることも珍しくありません。

 

大半の場合は、人がどれくらい忙しくて、何してるかなんてわからないもの・・。
その人がどれだけの仕事量を抱えていて、どんな義務を背負っていて、朝から晩まで一体どんな「忙しい」ことをやっているかなんて・・

どうでもいいんです。

アピールするだけ無駄です。
・・無駄を通り越して「マイナス」「逆効果」です。

「疲れた」にも同じようなことが言えます。
Concertoもたまに言ってしまうことがありますが・・
攻撃力のある言葉だと思います。気を付けています。

ちなみに、Concertoが「忙しい!」って自分で思っていっぱいいっぱいになっていた時なんて、
仕事や家事や家族の世話は山ほどあったけど、テレビを観る暇はあったし、集客に励んでブログも書いていたし、
「リフレッシュになれば!」なんて思ってイベントやランチ会なんかにも参加していたり自分磨きや美容に励んだりもしていた訳です・・。

↑自分で自分を忙しくしているという分かりやすい例ですね(笑)

見る人から見れば「暇人」そのものにさえ見えていたと思います^^;

Concertoは「他の人はもっと頑張っている!」「凄い人はいっぱいいる!」
「これくらいで忙しいなんていったらダメだ!」「もっと頑張らなきゃ」って思って、
「忙しい」とか「疲れた」という言葉はできるだけ口にしないようにはしていましたが・・。

やっぱり「やること」はいっぱいあって、本人にとっては「忙しかった」んですよ・・。

別に「忙しいアピール」する気なんてなくても、出ちゃうことだってあるんですよね(笑)

 

自由な時間が1分たりともなくって、睡眠も極限まで削って生活している!というような人は本当に忙しい人だと思います。

でも、

「忙しい」と言っている多くの人は自分で自分を忙しくしていると思います。

「仕事が忙しい」
「子供の世話が忙しい」
「旦那さんがどうのこうの・・」
「スケジュールがいっぱい」
嫌なら仕事を辞めればいいし、子供なんてほったらかしていたらいいし、予定を断ればいいし、ドタキャンでもなんでもしたらいいんですよ。
その仕事をすることで、子供の安全を守ることで、家族がいることで、スケジュールをこなすことで、何か価値を得られると思っているから、もしくは人に良く思われたいから?・・理由は色々ありますが、結局は自分で選んでやっているんです。拘束されて、鞭打たれて、無理やり「忙しい」ことをやらされている訳ではありませんよね?
愚痴る相手は「他の誰か」ではないんです。「誰かのせいで忙しい」訳ではないんです。

大変な時、人に助けを求めることは必要だと思います。
でも、人のせいにしたり、愚痴を言ったり、怒りをぶつけるようなことには意味がないし、自分にとっても、周りの人にとっても、いいこと一つもないです。

自分が何に時間を割いているのか、何に時間を奪われているのかを意識することは大切だと思います。

「忙しい!」と言いながら、 「実はどうでもいいこと」に多くの時間を費しているとしたら、勿体ないですよね!

シンプル&エレガントな暮らしの為に、やめたもの色々
生産性や効率化、いかに多くのスケジュールをこなすかを考えるのは、悪いことではありませんが、大切なのはその目的です。

人によく思われる事、競争に勝って優越感に浸ることも、一時的に気持ちを満たしてくれるものですが、

そこに多くの比重をかけ過ぎると人目線でしか自分の価値や楽しみを見つけられなくなるかもしれません。

自分自身が、幸せを感じる時間、心地よい時間、成長できる時間、愛情や感謝を感じる時間、
そういう時間も大切にして優先的に選んでいかないと、

忙しさに追われているうちに、いつの間にか人生が終わってしまいます。

時間は、買うことも、盗むことも、保存することも出来ません。

時間はこの世に存在するもっとも貴重な資源、

なぜならば、再生不可能だからです。

私たちは、時間よりもむしろ金銭の使い方について真剣に考えますが、

金銭は再生可能です。

ところが、時間は取り替えがききません。

ージャン・ルイ・セルヴァン・シュレベールー

・・自己反省を踏まえて、考えてみました。

過ぎ去った時間を後悔しないために・・
忙しいと感じた時は、改めて自分の望みや目的を見つめ直してみようと思います。

↓そんな考えを持つようになったきっかけ本はこちら♪
 時間に支配されない人生
時間とは命・・胸に刺さる言葉です。

断言しよう、人生は変えられるのだ。 [ ジョン・キム ]