造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのショップオーナー、
Concerto(コンチェルト)です♪

本日は、Concertoが使用しているお道具紹介。

tool-01

ショップのお客様やブログをご覧くださっている方とやりとりをしていると、
いつか、自分でもアーティフィシャルフラワーアレンジを作ってみたい♪という方、
独学で造花アレンジを勉強中です!という方、
実は昔習っていました、現在勉強中です、などなど・・

造花やアーティフィシャルフラワーアレンジに興味をお持ちの方多数!!

スポンサーリンク

自分で思いのままに、お家のインテリアイメージに合わせたオリジナルフラワーが作れると嬉しいですよね!

Concertoも、そんな思いでお花を習い始め、現在まで、飽きることなく続けています♪

初心者さんはもちろん、経験者さんも、・・他の人はどんなお道具を使ってるのかな~?ってちょっぴり気になりませんか?

ということで、今回は、毎日のようにお花アレンジを作り続けているConcertoが、造花・アーティフィシャルフラワーの制作に使用しているお道具をご紹介&解説します。

造花・アーティフィシャルフラワーアレンジに必要なお道具は、
作りたい作品や、それぞれのお教室、先生、デザイナーによってさまざま。

既に知っているものも、使ったことの無いものも・・いろいろだと思いますが、それぞれ、用途や使い方をご紹介しますので、ご自分に合うものをセレクトしてみて下さいね♪

①アーティフィシャルフラワーカッター

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アーティフィシャルカッター AC-5V【花資材】【花材】【クラフト】【はさみ】【…
価格:4752円(税込、送料別) (2016/11/13時点)

 お花のカット、ワイヤーのカット、太い茎・・とにかくなんでもサクサク切れちゃうアーティフィシャルフラワー専用のペンチです♪

造花は茎も太く、軸に入っているワイヤーも非常に硬い!!

最近でこそ、造花・アーティフィシャルフラワーアレンジ向けのショートステムタイプやフラワーヘッドが出回るようになりましたが、造花・アーティフィシャルフラワーというのは、もともとは生花に似せて作られたもの

生花アレンジの流れから、そのまま花瓶に投げ入れができるように、また茎まで活かしたした大きなアレンジにも使えるように、茎の枝分かれやリーフまで、非常に精巧に、作られているものがほとんどです。
細くて弱い茎だとお花の重みを支えることができず、折れたりたわんだりしてしまうので、しっかりと形をキープしてくれる硬い茎が必要です。

こういうリアルに作られた硬い茎は100円ショップのペンチではなかなか切れません。

まず小型のペンチや、専用のもの以外は刃先の開きが狭いので太い茎は挟めず、ものすごーーく力が要り、アレンジ前の下準備の段階で早々に体力を消耗してしまいます。

そうはいっても価格は100円ショップの40倍以上^^;
たまーにしか作らないし・・という方は頑張って力ずくでカットしても良いかもしれません・・

毎日かなりの量の花材処理が必要なConcertoの場合は、あっという間に腱鞘炎になります。
ちゃんとした道具を使っていてもなりましたが・・(笑)

効率アップと使い勝手の良さは値段には変えられない価値があります。

アーティフィシャルフラワー専用のカッターは刃先がパカーーっと大きく開いてくれるのでぶっとい茎も挟みやすい♪
バネがついているので刃を開く時もらくらく♪切れ味も抜群です♪
クラッチブーケの茎の処理なんかも、バンバン切りそろえられて気持ちがいいですよ。
ブーケ作りをしたい方には必須アイテムですよ^^

お花の収納にも便利!

Concertoは、お花が届いたときに、茎部分とお花のヘッドに分けることが多いんです。

大量のお花を管理しないといけないので、スペース問題もあり・・できるだけコンパクトに、清潔に収納したい。
そんな時にもサクサク大量に、力を入れずにカットができるのは非常に便利なんです^^。

お花をそのまま花瓶などに挿してお部屋に置いていると埃がついてしまうので、完成品以外のお花は乾燥剤と一緒に箱や収納ケースに入れるようにしています。

 

材料を大切に清潔に管理することはもちろん、埃を落とす手間もなく、その分時間も体力も節約できて合理的です^^

↓教室をしていた頃は生徒さんが選びやすいように、殆どのお花をそのまま部屋に置いていたのでホコリとの戦いでした^^;
エレガントなお花いっぱい

現在はお気に入りの完成品のみを厳選してお部屋に飾っているので、お手入れも全く苦になりません^^

あじさいのように、ぶっとーい茎のときは、裁断機のように、このペンチをテーブルに置いてカットしています。
その際は↓このような専用スタンドもあります。
(Concertoは未購入・なくても切れますが、お教室をしている人には生徒さんが安全にカットに使えて便利かもしれませんね♪)

アーティフィシャルカッター専用スタンド 造花/フラワー【ハサミなど】アレンジに必…

こういった造りの良いものは、一度買ってしまえば半永久的に使えるので、長く制作を楽しみたい方や仕事にしたい方にとってはとても良い投資になります。
作業効率が格段にアップし、余計な体力の消耗やイライラがないので、その分制作やデザインに集中できます^^

 

②ワイヤーカット

 

こちらは元のワイヤーを切らずに残したい時に非常に便利なワイヤーカッター♪

クラフトハサミ(➂)とペンチ(①)を持ち替えなくていいので、作業効率アップ^^!
造花のカットはもちろん、ワイヤーカットでも、番手の太いもの(#18くらい)まで楽々カットができて便利♪

作りたい作品や先生によっても違うと思うのですが、当店では#18や#20といった太めのワイヤーもよく使っています。
ごっついペンチを使ってカットするよりもスマートで、所作も美しく見えるのですよね^^
エレガントでお上品にレッスンを楽しみたいサロンスタイルの方にも良いと思います♪

現在ショップオーナーのConcertoは基本黙々と一人作業なので優雅さや所作の美しさを意識する必要もなくなり、効率重視で使い分けています。
使いにくい道具で下準備に余計な時間と体力を消耗したくないですからね!

 

③クラフトばさみ

造花・アーティフィシャルフラワーの茎に切り込みを入れたり、枝をカットしたり、型紙を切ったり、ワイヤーを切ったり♪
Concertoにとっては消耗品とも言える、クラフト用万能ハサミ。

生花やクレイ、プリザーブドフラワーのレッスンでもよく使っていました。
当時は何年も切れ味が衰えず使えていたのですが、アーティフィシャルフラワーや造花を扱うようになった途端に消耗品となりました^^;

付け根の方にワイヤーがカットできる溝もついているのですが、調子に乗って硬いものを切っていると嚙み合わせが悪くなり、切れなくなるので注意!
造花の茎のワイヤー-はこのハサミでは切れませんし、#22以上の太めのワイヤーカットも避けましょう。
このハサミでのワイヤーカットは#24くらいの太さまでにとどめています。・・それでも消耗品・・。

 

④布切りはさみ

ZWILLING ツインL 裁ちバサミ 19cm 41300-191【楽天24】

リボンや布地をカットするハサミ。
花びらのトリミングにも使うので、切れ味が落ちると布端がバサバサ・・制作中のイライラもMAXです。

布以外のものを切るハサミ③とは必ず分けて切れ味キープ。
100円ショップのものでも切れ味が良く長持ちするものがあります♪
Concertoは、セリアの裁ちばさみがお気に入りで自宅用にも4~5本同じものを持っています。

レッスンをしていると、初心者さんや生徒さんは当然ながら使い分けの基準も分からないので、布用はさみでワイヤーや硬いものを切ったり、
クラフトハサミで太いワイヤーをカットして、あっという間に壊れることもしばしば(笑)
道具をお渡しするときにお声かけもしていましたが、作業に夢中になると誰しもが一瞬で忘れます。
同じような機能をカバーしているものがあればコスパが良いに越したことはありません♪

⑤ラジオペンチ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

細かい作業が楽に!弱電用ラジオペンチ!弱電用細身タイプラジオペンチ150mm【バ…
価格:1382円(税込、送料別) (2016/11/13時点)

根本にワイヤーをカットする刃がついていて、先端の方は物をつかみやすいようにギザギザの溝が入っています。
お花の茎をベースに挿しこむ時、ワイヤリングの時などに使います。

生花やプリザーブドフラワーはフォーム(オアシス・サハラ・セック)が柔らかく、細めのワイヤーを使うことが多かったのであまり使っていませんでしたが、
クレイやアーティフィシャルフラワーのアレンジはフォームが固いので、こういった道具があると便利です。

効率よくつかんだり抑えたりできる道具があるとワイヤリングやお花の安定感も、手先の疲労感も随分変わってきます。
ネイルが割れたり、ワイヤリングの摩擦による指先へのダメージも驚くほど軽減できますよ^^。

先端が細くて長めのものが断然使いやすいです。

ラジオペンチは100円ショップでも購入できます。
見た目やサイズも一見そう変わらないのですが・・

安価なものはバネが壊れやすい、先が太い、切れ味が悪い、グリップがイマイチ・・という感じ。
バネのないものも、かみ合わせ部分が外れたり、開く時に一手間かかったり・・安かろう悪かろうが多いです。

どうせ買うなら&長く使うのなら使い勝手の良いものにすることをおすすめします。
Concertoは↑と同じものを10年くらい使っていますが、超お薦めです。
切れ味もおとろえず、バネが壊れることもなく、グリップも良い、先端が細いので細かい作業もしっかりできて、
未だに大活躍しているお気に入り道具のひとつ。

最終的にはこういう買い物の方が安物買いの銭失いにならずに済みます。

 

⑥グルーガン

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

即日★(低温)グルーガンLT−160 ホワイト/90-5017-1【00】《花 …
価格:869円(税込、送料別) (2016/11/13時点)

初心者さんや教室をなさっている方は↑こちらの低温グルーがおすすめですね♪
やけどしたら大変なので・・先端にもカバーがあるものが良いです。
教室をしていた時も、「アチッ」という声が聞こえるとドキーッ!!っとしてました^^;
器とフォームの固定、ワイヤリング、花材の固定などに。
プリザーブドフラワーを習っていた時から使っています。

ちなみにConcertoは、高温グルーを使用することが多いです。

理由は作業効率が良いから♪
接着力が強い、冷えて固まるまでに少し余裕があるから微調整可能、グルーが溶けるのが早い。
先端にプラスチックのカバーがないので、グルーが固まった後でも先端を押し付けて溶かしながらグルーを奥まで流し込むこともできて便利。
↓こちらのガンは先端が細長くて使いやすい♪・・

でもやけど注意です!

慣れているはずのConcertoも何度かやけどで痛い目にあって、身を持って安全な使い方を学習しました(笑)
教室をしていると生徒さんを危険な目に合わせる訳に行かないので、何よりも安全第一です。
高温グルーで作業効率アップを目指したい方は自主練しましょうね( *´艸`)

コードが長めなのも作業効率アップのポイントですよ^^
背の高い商品を制作するときなど、コードが届かないとイラッとしますからね・・。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高温 グルーガン セット [ 20cmロングスティック10本付 ]【メール便送料…
価格:1200円(税込、送料無料) (2016/11/13時点)

グルー芯にも「低温用」「高温用」がそれぞれあるので、間違えないように気を付けて下さい。

ちなみに、このような専用スタンドなるものもあるのですが・・

◎即日★グルーガンスタンド小 /MAC002【00】《花 資材 グルー グルーガ…

場所を取る。
使い勝手も見ためもビミョー&お値段もそこそこするので、使っていません。

ただし、グルーガンをそのままテーブルに置くのは非常に危険!

グルーが流れてお花やリボン・テーブルを汚してしまったり、思わず触って「アチッ」となります。
教室時代も、現在も、100円ショップでgetした、金属製のミニバケツ(浅め、広口で安定感のあるもの)をスタンドとして使っています。
お片付けの時もたたんだコンセントごと綺麗に収まるので気に入っています^^

うーん・・まだまだ山ほどお道具はあるのですが、長くなってきたので続きは【Part2】にします。
経験者の方や、他のクラフトを楽しんでいらっしゃる方など・・おすすめのお道具があれば是非教えて下さ~い!

【お道具収納なども過去記事で紹介しています↓】
フラワーデザインのお道具収納♪ハンドメイドやクラフトがお好きな方に♪
クラフト系サロネーゼさんにおすすめのマット

こちらのお道具たちを使って制作した作品たちはInstagramでもご紹介しています。