インテリアフラワーデザイナーのConcertoです♪

休養も完了し、現在作りたい病・・
しっかり体を休めてリフレッシュ完了すると、いつも心がお花に戻ってきます。

四六時中デザインのことを考えて材料のことを考えて24時間お花に触れていたい!
・・食べる時間も寝る時間も仕事に行くのもおっくうになってしまう。
食べますけどね・・。

あぁ・・やっぱり作るのは楽しい・・考えるのは楽しい!
没頭出来る好きなことがあるって幸せ♪

スポンサーリンク

本日は、現在作っているトピアリーの制作過程をちょこっとご紹介♪

トピアリーとは、草木を刈り込んで形作ったオブジェのこと


(こちらは以前にオーダーいただいたトピアリー)

フラワーアレンジではこんな丸形?↑が定番ですが、コーン型やハート形、ガーデニングではクマさんなど動物の形に刈り込んだものもあります♪
サイズも大きいものから、卓上の小さいものまでさまざま。
ミニチュア植木?みたいでなんとも可愛らしい♪
大好きなアイテムです^^

Concertoがよく作るのは、卓上サイズのトピアリー

床置きの大きいのも欲しいけど、置き場所問題と床掃除の邪魔になるので・・
極力避けてます。
いつも欲しいものとお掃除の手間を天秤にかけてしまいます^^;

ミニサイズのものは、置き場所を選ばず飾りやすいアイテムで、
玄関、チェスト、マントルピースのディスプレイもぴったりです♪
お掃除時の移動も片手でひょいっと持ち上げるだけだしホコリ落としも簡単です^^

このトピアリーの制作、
お花のレッスンだと2時間くらいでチャチャっと作ってしまうものなのですが、

売り物となるとそう簡単にはいきません

花材の量も、ベーシックレッスン作品の倍以上。
ということは手間も時間も材料費も倍以上。
レッスンみたいに説明したりお喋りしたり、材料選んだり・・な時間が無い分段取りは良いのですが・・。
通常作品の倍以上の時間と手間をかけてもパッと見そう変わりません。
お花を作らない方には違いが全然分からないと思います><

どこまでこだわるかは自己満足な世界・・。

初心者さん向けのレッスンの場合、大量の花材を使って難しいテクニック使って、細かいところにまでこだわるなんてことをやっていたら、レッスン費も倍増しちゃうし、時間内に終わらないし、生徒さんの体力的にも、メンタル的にも費用的にもレッスン続けてもらうことが難しくなってしまいますからね(/ω\)

レッスンでは簡単可愛い作品が一番です^^

でも、教室をやっている時のレッスンサンプル作りの時って、もう少し沢山お花を使いたいな~とか、材料にこだわりたいな~とか、もうちょっと手間と時間をかけて綺麗な形にしたいな~と思うことがしばしばあったんです。

現在Concertoが作っているのはショップ用の作品なので、その辺のモヤッとを極力改善して制作しています。
じぶんの好きなものを作って、好きな材料を使って、好きなだけ時間をかけて作ることができますから♪
レッスン受講や自分用に簡単可愛く作る作品とはちょっと棲み分け&共存ができたらいいなーなんて思ったり・・

トピアリーは2個セットでシンメトリーに飾りたい

ネタバレですが・・トピアリーの製作途中で写真を撮ってみました。
リボンはまだです・・何色にしようかな~♪
器の縁をもう少し隠すか、ここでやめておくかお悩み中・・
悩む時間がまた楽し♪

・・ハイ、頭に何か乗ってますね。なんでしょう?

A) これは高さ合わせのための定規です。

お花のアレンジはトップが丸くなっていることがほとんどなので、cm表記のサイズだけで測るとどうしても見る角度や定規の当て方によって誤差が出てしまうんです。
並べて見くらべるだけでは信用できないので・・こうして軽い直線のものを乗せちゃいます。
ピタッとサイズが揃って気持ちがいいですよ♪

下のラインもちゃんと合わせます♪

レッスン生としてお花を習っていると、レッスン時間内で完成させるのって大体1つだけですよね。
こういったサイズ合わせってほとんどやりません。
先生がサンプルで作る見本も1つだけだったりするし。
Concertoもショップ始めるまでは、並べて「だいたいこれくらいかな?」で終わっていました。

とりあえず、可愛い写真が撮れたらいいや〜的な。

キットを買って帰ってもうひとつおうちで作る・・という時も、教室で作った時みたいにうまくいかなかったり、やり方を忘れていたり、細かいところまで仕上げるのが面倒で未完成のまま何となくで終わらせてしまったりしませんか?

同じ花材を使っていても、なかなか同じサイズ感で作るのは難しいんですよね。
ですが、

アーティフィシャルフラワーは枯れないから長く飾れる


↑随分前にオーダーいただいたフルセット♪

お客様が飽きない限りは長く飾っていただけるもの。
もしかするとご家族の方やお客様の目にも触れるもの・・
なので、やっぱり、ピシーッと揃う綺麗なものをつくりたい。

「レッスン用や自分用」と「販売用」は違う・・神経の使いようが・・全然・・。

トピアリーは茎をまっすぐするのにも一苦労。
輸送時や使っているうちに微少の歪みは出るかもしれませんが、せめて完成時は完璧!にしておきたい。
近くで見て、遠くで見て、後ろ、前、横、まわして・・何度も何度も微調整してようやく固定、と言う感じ。
茎をまっすぐにするだけで、30分くらいぐるぐるやってることもしばしば・・。

教室をしていた時のレッスンサンプルは、あらゆる角度から眺められ、撮影されるので、元々ちゃんと作るようにしていましたが・・
習う時や、自宅用アイテムの制作時は、パッと見綺麗にできてたらいっか~と中途半端なまま終わらせていた私。
生徒さんの方も疲れてくると「おうち用なので、もうこれくらいでいいです~」と何となくの仕上がりで断念&満足される方が多かったんですよね^^;
隙間見えてますよ・・歪んでますよ・・本当にいいんですか?><?って感じでしたが、それは自由意志ですからね。もっと簡単にしなくては・・と反省したり、手際が良すぎて時間が余っちゃう方もいたり。ご本人が満足ならばそれに越したことありません。
本人的には満足な出来栄えなのに、あれこれ指摘されて、ちゃんと仕上げるのって面倒くさいですよね・・「可愛いからもうこれで十分じゃん」って思いますよね。

そんな私もショップを始めてからは、きっちりサイズ合わせをしたり、グラグラしないように、壊れないようにがっちり固定をしたり、と最後までちゃんと完成させる癖が付きました♪

やっぱり、自分用であっても、綺麗に完成されたものの方が気分がいいし、扱いも楽です。

こういったこだわりって、やりはじめるとキリがない


たとえば、 アクリルストーンよりもスワロフスキー、スワロフスキーの代わりにダイヤモンドを散りばめて、最上級のクオリティーのものを・・もっともっと・・とこだわっていったらキリがないわけで、「高過ぎ、こだわり過ぎ」だとむしろそんなの要らない訳で・・自分の好みと美意識に合うものであればいいんですよね。
材料費も制作時間もかけようと思えばいくらでもかけられますから・・

Concertoの場合は、自分のおうちに飾りたいものが基準♪

独断と偏見で自分の好み、直感です(≧▽≦)❤
ずーっとお花作りをやっていると、なんだか技術的に凝ったことがやりたくなったり、変わった素材を使いたくなったり、デザインとしてすごいものを作りたい・・と思い始めたり・・

好きなものを形にするための技術は必要だし、個性もある程度大事だけど、あまり作品だけが主張しすぎるのも好みではありません^^;
飾りたいのは、お部屋の雰囲気と調和して、溶け込みつつも、癒しや美しさを感じさせてくれるお花。
「作りたいもの」と「飾りたいもの」も、ちょっとだけ違ったりします。

どれだけ時間を費やすか、これくらいのお花は使いたい、この部分だけは完璧にしておきたい、・・でもここまでのこだわりは必要ないかな~なんてブツブツ呟きながら作っています。

そうやって、好きなもの、欲しいものを気の向くままに作って実際に販売してみることで、「う~ん・・ここまでのこだわりはいらないか・・」とか、「こういう色が合わせがお好きな方が多いのね~^^シリーズ化して増やしてみよう♪」とか、自分の好きなものとお客様のお好きなスタイルの方向性が重なっていくように心がけています。

こだわった分だけ、ちょっとした手間を惜しまず頑張った分だけ、完成したときの喜びもすごく大きい^^
そして、作品をご購入いただけたとき、素敵なご感想をいただけた時は、いつもジーン・・と胸が熱くなります。

お客様のお住まいであろう方向を向いて拝んじゃうくらいです。

あぁ・・もっともっと時間が欲しい、いろいろ作りたい・・
作りたい病はまだまだ続く・・

商品登録はいつになることやら・・
入荷予定はメルマガでもお知らせしています。
超マイペースなショップですが><・・お好きなものが見つかれば、うれしいです。

これまで制作した作品はInstagramでご紹介しています♪
現在170作品ほど公開中です。

Concertoが使っているお道具はこちらでご紹介しています↓
お花屋さんおすすめ♪造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具【Part1】
お花屋さんおすすめ♪造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具【Part2】
お花屋さんおすすめ♪造花・アーティフィシャルフラワーアレンジのお道具【Part3】

―おうちを極上の癒し空間に―
エレガントスタイルのインテリアフラワー専門ショップ
フラワーサロンコンチェルト
エレガントインテリアフラワーショップコンチェルト